まずは学ぼう、デイトレーダーとは!

デイトレーダーとはデイトレードと言う手法を用いるトレーダーの事を言います。デイトレードではその日取ったポジジョンはその日のうちに解消するのが基本です。

FXでは日本時間早朝のウェリントン市場からスタートし、その後時間差を置いてアジア市場やヨーロッパ市場やニューヨーク市場がスタートします。

各国で時差がある関係で24時間取引ができますのでデイトレードしやすい環境となっています。

なぜ取ったポジションは持越ししないのかその理由はリスク回避です。

FXではレバレッジをかけて取引する事ができますが、もしそのようなポジションを持ったまま持越しすると大きな為替変動に巻き込まれて多額の損失が発生する事がありました。

最悪のケースではロスカットが間に合わず預入証拠金以上の損失が発生する事がありますが、デイトレードであればそういったリスクはかなり軽減されます。

大きなポジションを抱えたままとは違い、夜安心して就寝できると言うのが大きいです。



http://www.ハイロー.net/

デイトレーダーは専業と兼業に分かれます。

専業デイトレーダーとはデイトレードだけで生活している者を言います。
他にお仕事を持っていないのでデイトレードだけに専念する事が可能です。

自宅の部屋にたくさんの液晶ディスプレイを並べ、それぞれ違う通貨ペアのリアルタイムチャートを表示させているデイトレーダーがよく見られます。

通勤する必要が無いので朝の通勤ラッシュ時の混雑する電車やバスに乗らずに済みます。天候も気温も関係なく夏の暑い季節には冷房の効いた部屋で、冬の寒い季節には暖房の効いた部屋で取引ができます。

会社の同僚や上司との人間関係にも悩まされないです。その代わりにデイトレード以外の収入がありませんので、もし失敗すると収入が途絶えてしまいます。

余程腕に自信のある者でないと専業デイトレーダーになるのは難しいです。

兼業デイトレーダーであれば他にお仕事を持っているので取引に失敗してしまっても収入が途絶えてしまう事は無いです。

損失が出てしまってもお給料で穴埋めする事が可能、専業デイトレーダーよりも精神的な負担が軽めとなっています。

その代わりに勤務時間中は取引できませんので、取引機会が限られると言うデメリットがあります。

しかしFXでは取引時間が幅広いので、勤務終了し帰宅した後でも十分デイトレードする事が可能です。

ニューヨーク市場がスタートしている夜のほうが値動きがあるのでデイトレードしやすいです。

米国の雇用統計など重要な経済指標の発表も夜に多いので短時間で大きな収益を狙うと言った事も可能です。